バーチャルオフィスを横浜で利用

バーチャルオフィスは、住所や電話番号を貸し出すサービスで、神奈川県では横浜市や川崎市の施設に人気が集まっています。最近は、NPO法人や各種団体などが利用する事例が多くなっているのですが、以前ではグループ結成時の住所は、代表者の自宅住所や電話番号を掲載すると言うケースが多くありました。しかし、自宅の住所や電話番号を掲載すると、後から何等かのトラブルが起きると困ると言った不安を感じる人々も多くいます。これは、起業する人にとっても同じで、会社を設立する時の定款には本店の住所を記載しなければなりませんし、自宅の住所を定款の中に記載すると言う事に抵抗を感じる人も多いのです。しかし、こうしたオフィスを利用すれば、自宅を仕事場としても、電話の代行や郵便物の送付を受ける事が出来るようになります。

オフィスとしての情報掲載が可能になります

横浜と言うのは、神奈川県の中でも人口が多い都市であり、会社を設立する人にとって横浜に会社の本店を持つと言う事は魅力的なものでもあるのです。しかし、オフィスを構えようとすれば土地価格が高く、家賃の支払いも多くなるなど、起業家にとっては手が出せないエリアと言う事でもあるわけです。バーチャルオフィスは人気エリアでの住所や郵便番号、そして電話番号を貸して貰えるサービスで、仕事場は別の場所でも人気エリアにオフィスを構える事が出来ると言う魅力があります。起業と言うのは、初期投資に高額な費用が掛かる事になり、人気エリアに賃貸事務所を借りようと思えば予算も用意しておかなければなりません。賃貸事務所と比較した場合、初期投資に掛かる費用を大幅に削減出来る事からも利用する起業家も多くなっています。

都心の住所貸しや電話番号取得が可能です

一般的に、一都三県や東京を初め、神奈川県や千葉、埼玉と言うのは人気が高いエリアであり、横浜市などは神奈川県の中でも最も人気を持ちます。郵便物の不在受け取り、045局番にかかって来た電話は、自分の携帯電話や市街地の局番に転送が行われるなどの特徴があります。最近は、インターネットの通販店を利用する人が多くなっていますが、通販店はパソコンやスマートフォンで買い物が出来る、実店舗で購入するのと違い、お店毎の値段を簡単に比較が出来るなどのメリットを持っていますので、実店舗よりも安い値段で買い物が出来るケースもあるわけです。しかし、通販店と言うのは商品を購入する際に、自宅の住所などを入力しなければなりません。個人情報の漏洩と言う不安を持つ人も多いのですが、プライベートな情報を入力する事に抵抗を持つ人の中にはバーチャルオフィスを利用する人もいます。品物は、オフィスに一旦送られて来るのですが、その後自宅などに荷物が配送されるため、プライベートな情報を通販サイトに伝える事なく、買い物が出来ると言うメリットがあります。