横浜で得られるバーチャルオフィスのメリット

バーチャルオフィスを利用するメリットは、会社を設立した場合には費用を抑える効果がある、一人で会社を設立した場合、自宅を登記しなくても良い、横浜などの人気エリアに会社の住所や電話番号を持つ事が出来るなどのメリットがあります。会社登記を行う時は勿論のこと、定款を定める時には会社の住所を記載する必要があり、自宅の住所を記載したくない場合には、オフィスを探さなければなりません。しかし、住所貸しが出来るので、会社を登記する時に利用する人が多くなっており、自宅を職場として登記をする時などにも便利です。また、住所以外にも電話番号や郵便番号と言った情報をレンタルする事が出来るので、人気エリアにオフィスを持ちたいと考える人からの注目を集めています。会社を設立する時だけではなく、支店を作りたい時なども利用出来るのが特徴です。

横浜に支店を作りたい時にも魅力的なオフィスです

会社の規模を大きくする上で支店の存在は大きいと言えましょう。しかし、支店を作りたいと言った時、どこに支店を作ればビジネスに効果があるのか考えた場合、人気の高いエリアに支店を設けておけば、顧客からの信頼を得やすくするなどのメリットに繋がります。例えば、神奈川県の中でも横浜市はオフィスを持ちたい人にとって魅力的なエリアでもあり、支店を作るのであれば、人気を持つエリアにしたいと考える人も多いのです。バーチャルオフィスは空間自体がありませんが、オフィスに最小限必要になる住所と電話番号の2つを提供して貰えるので、電話番号については市外局番が利用出来るようになります。バーチャルオフィスは一般的なオフィスにように業務を行うスペースがないので、自宅などを仕事場としている人などからの注目を集めていますが、これ以外にも自宅の住所を利用したくないと言う人からの注目もあります。

自宅の住所を公開したくない時にも便利です

情報社会の中には情報の漏えいと言う問題が潜んでいるわけですが、何らかの申し込みをする時や荷物を届けて貰う時などは、相手に自分の住まいの住所を相手に伝えなければなりません。個人情報とも言えるものを見ず知らずの相手に伝えると言うのには抵抗を持つ人も多くいます。例えば、通信販売で商品を購入した場合、送り先住所には自宅の住所や氏名を記載する必要があります。通信販売を行う会社に提供する情報は、商品を発送する以外に使われる事はないのですが、情報社会の裏側には情報が漏れると言うアクシデントもあります。バーチャルオフィスは、自宅ではない住所を貸して貰えるサービスでもあり、オフィスと言う形で使うのではなく、自宅の住所の代わりに利用する事も出来ます。オフィスの住所に届いた荷物は自宅などに配送されるので個人情報が漏れる心配がないと言うメリットもあります。