横浜で借りるバーチャルオフィスについての知識

バーチャルオフィスというのは、会社の住所を仮想的に取得するということになります。物理的には存在しない会社なのですが、ネット上などで活動している場合にバーチャルオフィスを利用します。実際に会社がそこに存在するわけではないので、全国どこに住所を取得しても問題なく、横浜でも東京でも良いです。個人事業に近い形でやっている場合にはそもそも住所はいらないということなのですが、住所があった方が契約の際に便利で、また自宅は書きたくないというような場合にバーチャルオフィスが利用される場合が多いです。具体的に多いのは、出会い系サイトなのでしょう。出会い系サイトの登録する人は、そのサイトの運営会社があった方が安心するというようなことがあり、仮想的に住所を得ます。

仮想的に住所を取得するメリット

上述の通り、住所がないよりはあった方が信用度は増すということがあります。何かトラブルがあった際などはそこに問い合わせることになりますし、書類を郵送することもできます。ちなみに、誰かが仮想的な住所に郵送した場合は、自動的に指定した住所に転送するようにできます。なので、転送先の住所を自宅にしておけばよいでしょう。契約を結ぶ際には住所というのはほぼ必要なので、仮想的に取得するとういうメリットがあるのです。横浜や東京は取得しやすいので、その辺にとりあえず取っておくということがあります。実際の自分の住所が横浜であれば、会社も同じにしておくというような発想で問題ないです。最近はちょっと前に比較すると個人事業主が増えているので、仮想的に住所を取る必要もなくなってはいます。

バーチャルオフィスのデメリット

仮想的に住所を取っているので、実在しないことがばれるという可能性があります。これは信用がマイナスになるでしょう。出会い系サイトが昔はよくこのような住所の取り方をしており、違法性の高い印象を人に与えるという可能性が極めて高いでしょう。嘘をついているというわけではないのですが、存在しない住所を書いているということなので、契約者からの信用は確実になくなります。そのためばれない必要があるでしょう。また、他の会社にも同じ住所を貸し出している場合もあるので、その点に気を付ける必要があります。これは業者にもよるのですが、利益目当てに二重に貸すような業者は存在します。そもそものやっていることがあまり望ましいことではないので、業者に問題があるのも仕方がないでしょう。